鼻づまりは耳鼻科で解決|根本的な治療ができます

笑顔の女性

花粉症に悩んでいるなら

鼻づまり

花粉症の主な症状はくしゃみと鼻水、鼻づまりになっていますが、特に鼻づまりは口呼吸の原因になり、様々な症状を併発するリスクが高い症状であるため、医療機関を受診して治療薬を受け取るのがオススメになっています。健康保険で3割負担で済むため、市販の治療薬を購入するよりも安価に済むのもメリットになっています。

詳しくはコチラ

花粉症の治療

医者と患者

春先になると、鼻づまりに悩まされる方が急増します。その大きな要因といえるのが、スギ花粉です。花粉による花粉症で鼻づまりが発生した場合には、耳鼻科などで治療を受けるとよいでしょう。レーザー手術を受ければ、服薬すること無く鼻づまりを解消することも可能です。

詳しくはコチラ

鼻水のつまりを解消

呼吸が楽になれば、睡眠の質も変わってきます。安眠対策に効果的です。鼻づまりの原因が知りたい方は、このサイトを見て下さい!

風邪の症状が現れたら新宿の耳鼻科で治療を行なうことが大切です!流行性の感染症の場合であっても、確実に治療してくれます。

耳鼻科での吸引や吸入

風邪

鼻づまりが生じていると、呼吸しづらくなることから、体が疲れやすくなります。息苦しさから熟睡も困難になるので、体を休めることができず、その点からも疲労が増幅されます。ところが耳鼻科を受診すれば、鼻づまりを解消してもらえます。耳鼻科では、吸引器によってつまっている鼻水を取り出すという治療がおこなわれます。さらに取り出した後は、鼻水の通りを良くする薬剤の吸入もおこなわれることがあります。また、鼻づまりの原因は複数あるのですが、耳鼻科ではその原因を調べる検査もおこなわれます。そして原因を明らかにした上で、それを取り除くような治療を施すのです。これにより、鼻づまりは再発しにくくなります。呼吸が楽になる上に、体もしっかりと休めることができるようになるので、鼻づまりに悩む多くの人が耳鼻科に通っています。

原因と治療方法

鼻づまりの原因としては、具体的には風邪や副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などが挙げられます。風邪の場合はウイルスが、副鼻腔炎の場合は細菌が、アレルギー性鼻炎の場合はホコリなどのアレルゲンが原因となっています。鼻水は、体がこれらを鼻から排除しようとするために作られます。したがって鼻づまりの治療としては、原因となっているウイルスや細菌やアレルゲンによる影響を抑えることが有効となります。たとえば細菌が原因となっている場合は、細菌の増殖を抑える抗生物質が投与されます。アレルゲンが原因となっている場合は、体がアレルギー反応を起こしにくくなる抗アレルギー薬が投与されるのです。また、鼻の内部のポリープが原因となって鼻づまりが生じることもあります。この場合には、そのポリープの切除がおこなわれます。

急性上気道炎と副鼻腔炎

医者と患者

風邪にかかることで、鼻水や鼻づまりに悩まされる方は大勢います。最初は大量の鼻水が発生し、その後しばらくすると鼻づまりになって呼吸に支障をきたすケースが一般的でしょう。これらの諸症状を早めに治したいのであれば、耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

詳しくはコチラ